自己投資

ドラム式は柔軟剤の匂いがしなくなる。香りが消えてしまうの対策方法

ドラム式洗濯機を使うと、いつも柔軟剤の匂いが消えてしまう。
洗濯物に良い香りをつけたい。

実はドラム式洗濯機では、柔軟剤よりもファブリックミストで香り付けするのがおすすめです。

この記事では、ドラム式洗濯機でも洗濯物が良い香りがする方法を3つ紹介します。
その中でもファブリックミストが1番、香りがつきました。

ファブリックミストは洗濯完了後に香り付けするので、当たり前といえば当たり前ですが。

それぞれの方法で、香りはどれくらいか?デメリットなど紹介します。
記事を読み終えると、ドラム式洗濯機を使用しても良い香りに衣類を包めます。

ドラム式だと柔軟剤の香りが効かなくなるのは、なぜか?

洗濯だけなら問題はないのですが、乾燥運転を行う柔軟剤の匂いは薄くなります。
乾燥運転の熱風が柔軟剤の香りも一緒に吹き飛ばしてしまうのです。

マヨネ
マヨネ
香りを付ける対策として3つ行いました。

 

  • アロマジュエル
  • 柔軟剤シート
  • ファブリックミスト
くじら君
くじら君
それぞれ、どれくらい香りが付いたか?デメリットなど紹介します。

 

 

ドラム式で良い香りの洗濯物にする方法

香りを付ける対策としてアロマジュエル、柔軟剤シート、ファブリックミスト。

 

カニさん
カニさん
それぞれを購入して洗濯乾燥してみました。

 

 

アロマジュエル

P&G、レノアのハピネスアロマジュエル。
パステルフローラルの香りを試してみます。

タテ型の洗濯機でレノアのアロマジュエルを使用すると、凄く香りが残りました。
なのでドラム式でも期待ができます。

ドラム式洗濯機は固体の洗剤や柔軟剤は自動投入できません。
なのでアロマジュエルは、洗濯槽に直接投入します。

効果のほどは、うっすら香ります。

 

マヨネ
マヨネ
流石にタテ型洗濯機のときの香りまでは残らないです。
くじら君
くじら君
しかし通常の柔軟剤だと吹き飛んでしまう香りが、わずかに残るのは嬉しい。
カニさん
カニさん
アロマジュエルを使うデメリットもあります。

 

 

デメリット
  • 液体柔軟剤と二重でコストが必要になる。
  • 柔軟剤と比べて扱っているメーカー&香りの種類が少ない。
マヨネ
マヨネ
液体柔軟剤はゴワゴワ感を無くす目的で、一緒に使う。
くじら君
くじら君
もしくはコストと香り優先で、アロマジュエルのみにする。

 

柔軟剤シート

ダウニーの柔軟剤シートを試してみます。

柔軟剤シートは初めての使用です。
洗濯中は使用できない乾燥時のみに使うシロモノのようです。

なので洗濯と乾燥を、あいだ一旦止まるようにコース分けして運転。
洗濯運転が終わり、乾燥運転の前に柔軟剤シートを投入しました。

効果のほどは、うっすら香ります。

 

カニさん
カニさん
アロマジュエルよりも、香りがのこってます。
マヨネ
マヨネ
そもそもアロマジュエルも乾燥運転の時だけ使用すると、香りが強く残りそうです。
くじら君
くじら君
しかし、柔軟剤シートのデメリットは多め。

 

 

デメリット
  • 実店舗であまり扱っていない。(ネットで購入しました。)
  • 柔軟剤と比べて扱っているメーカー&香りの種類が少ない。
  • 洗濯から乾燥まで全自動で使えない。
カニさん
カニさん
手間を減らすためにドラム式を使用しているのに、洗濯運転と乾燥運転を分けて行うのは悲しい~。
マヨネ
マヨネ
意外な使い方も。

 

衣類の収納棚に柔軟剤シートをセットすると、ものすごく衣類に香りがつきます。

 

シートなので場所もとらない。
むしろ、乾燥運転より収納棚に入れて使用した方が香りの効果高いです。

 

 

ファブリックミスト

ファーファのファブリックミスト。
BonConge!(ボンコンジェ)を試してみます。
乾燥運転おわった後の洗濯物に、直接吹きかけて使います。

効果のほどは、めちゃくちゃ香りがつきます。

 

くじら君
くじら君
そりゃそうだ、もはやドラム式関係なくね?ってかんじですが。
カニさん
カニさん
アロマジュエルや柔軟剤シートと違って、扱っているメーカーは豊富。
マヨネ
マヨネ
香りのバリエーションも多く、好みの香りを選び放題です。
くじら君
くじら君
むしろ香りの種類が多くて、どの香りにするか悩ましい~。

 

今回使用したファーファのファブリックミスト、BonConge!(ボンコンジェ)も大人っぽい素敵な香りがします。

カニさん
カニさん
ファブリックミストのデメリットも!

 

 

デメリット
  • 柔軟剤を使う場合は二重でコストがかかる。
  • 自動投入できない。自分でミストを吹きかける。
マヨネ
マヨネ
こちらも洗濯物を柔らかくするために、柔軟剤は二重でコストがかかります。
くじら君
くじら君
香りの効果は、アロマジュエルや柔軟剤シートよりもダントツでファブリックミストです。

 

 

まとめ:

ドラム式洗濯機を使うと柔軟剤の匂いが消えてしまう対策。
洗濯物に良い香りをつけるには、ファブリックミストを使うでした。

ファブリックミストのメリット
  • メーカーが豊富
  • 香りの種類が豊富
  • 洗濯コースに左右されない

 

ファブリックミストのデメリット
  • 柔軟剤を使う場合は二重でコストがかかる。
  • 自動投入できない。自分でミストを吹きかける。

 

柔軟剤は柔らかくするものとして、香り付けはファブリックミスト。
香りの種類が豊富なので、好みの香り探しも楽しいです。

以上。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

他にも自分が使ってみて良かったことや、新たに取り組んで良かったことの発見を届けていきます。

それでは、またー

一人暮らしでドラム式洗濯乾燥機を使用した体験談。デメリットやおすすめの選び方も紹介
一人暮らしでドラム式洗濯乾燥機を使用した体験談。デメリットやおすすめの選び方も紹介ドラム式乾燥洗濯機のメリットとデメリットを紹介。 機種の選び方や、搬入時の注意点や寿命も。 一人暮らしでも時短になり、特にヒートポンプ式の乾燥が電気代が安くておすすめです。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA